“15世紀 グレゴリオ聖歌 手書き写本 羊皮紙 ” 一葉 F

トップページ お客様の声 マイアカウント お店について お問い合せ

姉妹ショップ ENSEMBLE MUSIC


2018年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728

 業務お休み
 イベント出店
 臨時休業

ご注文は24時間受付け中



メルマガ登録・解除はこちら

ENSEMBLE

ようこそ、アンサンブル

オンラインショップへ

お越しいただき

ありがとうございます。

当店はフランスの

「もの」と「音楽」を

ご提案するショップです♪

イベント出店

リンク

ブログ

お支払い方法の詳細はこちら



ホーム 宗教美術 アンティーク “15世紀 グレゴリオ聖歌 手書き写本 羊皮紙 ” 一葉 F
“15世紀 グレゴリオ聖歌 手書き写本 羊皮紙 ” 一葉 F
 “15世紀 グレゴリオ聖歌 手書き写本 羊皮紙 ” 一葉 F
Sold out Merci!


“グレゴリオ聖歌 手書き写本 羊皮紙 西暦1450年 ” F 一葉
サイズ約:30×43cm 

ローマ・カトリック教会の交唱聖歌集より。
西暦1450年頃にドイツのバイデンバッハの聖ミカエル修道院で
筆写されたグレゴリオ聖歌の一葉。
羊皮紙(ヴェラム・犢皮紙[とくひし])に手書きされています。
一字一句手で写された写本には大変な労力を要し貴重なもので、
中世の文化の拠点となった修道院で作成されました。
ラテン語で書かれ、9つの頭文字が黒・赤・緑・青色で表されています。
裏表に楽譜が書かれています。

9世紀頃の初期の楽譜には譜線がなく、くさび形の記号が並べられているだけでしたが、次第に
音の高さ・長さが示され現在の形へと近づいていきます。
こちらの写本は、譜線があるものの音符の形はまだ楔形に近く、印刷技術が普及されるまでは
地域ごとに書き方も異なっていました。

グレゴリオ聖歌を書いたこの楽譜は『ネウマ譜』と言い、5線ではなく4線で書かれています。
名前の由来は「ネウマ」という記号を用いて音が書かれているためです。

イニシャル装飾、ゴシック文字の整然とした美しいカリグラフィ。
黒符で書かれる前の楔形音符。
そして500年以上の時を経た羊皮紙の荘厳さが素晴らしい一葉です。


・こちらの商品は送料無料でお届けいたします。
・画像の額縁は付属しません。
・さらに詳しい写真を見たい方、商品の詳細を
 お知りになりたい方はメールにてお送りいたします。
 どうぞお気軽にお問い合わせください。

・ 型番
sm15012f
・ 販売価格

0円(税込0円)